当社について

  • HOME »
  • 当社について

topimagenew

当社について

 当神社は、元多田院とも、亦多田大権現社とも称えて、関西日光の称ある大社である。

御祭神は、第五十六代清和天皇の御曽孫贈正一位鎮守府将軍源満仲公を首め、頼光、頼信、頼義、
義家の五公を奉斎する所謂、源氏の祖廟であり、源家発祥の地である。

五公が国家の藩屏として尽くされたる偉勲功績は、我が国史上燦として輝き、縷述を要しないが、
満仲公が武門の棟梁たる勅諚を賜り、国家鎮護の大任を、果たされたるのみならず、或いは、沼地
を開拓して多くの田畑を造り、或いは、河川を改修して港湾を築き、或いは、鉱山事業等殖産興業
に力を注ぎ、国力の増進と源家興隆の基礎を築かれ、又頼光公の鬼賊退治頼信公が平忠常を伐ちて、
関東を平定し頼義、義家の二公が前九年、後三年の両役に自ら大軍を率いて辺陲に赴き、奥羽の
豪族を誅滅せられたる等、萬民等しく畏敬欽仰する処である。

依って当神社は古来武軍長久の勅願社として、且又家運隆昌、勝運厄除の守護神として、
崇敬せられている大社である。

現在の社殿神廟は、徳川四代将軍家綱公の再建に係るもので、境内は二丁四面に、内廓と外廓との
二重になって、外廓南門に楼門(県指定)、東西に高麗形の大門(県指定)があり、それに社務所、
授与所、宝物殿、儀式殿、斎館、休憩所等がある。
また内廓には、神廟、御本殿(国指定)、拝殿(国指定)、随神門(国指定)、神輿庫、宝蔵庫、
神馬舎があり、尚別当門、坊址門等があって、頗る雄大荘厳な神社である。

宝物殿には、多田神社文書(国指定)、源家宝刀「鬼切丸」を始め、甲冑、書画等を所蔵している。

境内は静寂にして、楼門階下の猪名川の清流奇岩の間を早瀬が、水泡を飛ばし、又後方鷹尾山を
控えた、高地であるから、眺望絶佳、老杉、古松、楓桜相交わり、殊に日本一と称せられる
「唐椿」(キャプテンロー)を始め招霊(おがたま)・無患子(むくろじ)共に県郷土記念物等
珍しい樹木がうっ蒼として繁茂し四季共に清遊にも適する、清浄の霊地である。

かかる観点より文部科学省に於いては、我国史上重要なる地域であるとして、
文化財保護法により史蹟に指定せられているのである。

PAGETOP
Copyright © 多田神社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.