境内案内

  • HOME »
  • 境内案内

境内案内

 

画像内をクリックいただくと説明に移動いたします。

御本殿 拝殿 随神門 御神廟 南大門 東門 西門 神馬舎 宝物殿 六所宮 厳島神社 田尻稲荷神社 政所殿 鬼首洗池 招霊木 唐椿 無患子 Image HTML map generator

1. ご本殿 10. 六所宮
2. 拝殿 11. 厳島神社
3. 随神門 12. 田尻稲荷神社
4. 御神廟 13 政所殿
5. 南大門 14. 鬼首洗池
6. 東門 15. 招霊木(オガタマノキ)
7. 西門 16. 唐椿(キャプテンロー)
8. 神馬舎 17. 無患子(ムクロジ)
9. 宝物殿    

 

ご本殿

gohonden

御本殿<国指定重要文化財>

徳川四代将軍家綱公により再興。桃山時代の姿をそのまま継承した、
素木の入母屋造、檜皮葺屋根の建造物としてすぐれた遺構となっている。

戻る

 

拝殿

拝 殿<国指定重要文化財>

徳川四代将軍家綱公により再興。
桁行7間、梁間3間の大規模な入母屋造、檜皮葺屋根の構造物である。

戻る

 

随神門

随神門<国指定重要文化財>

徳川四代将軍家綱公により再興。
両脇に築地塀が付き、三楝造と呼ばれる伝統的な手法により建てられた八脚門。
豊岩間戸尊、櫛岩間戸尊の二体の随神像が安置されている。

随身像

戻る

 

御神廟

御神廟(源満仲、頼光両公の御廟所)

御本殿真裏にあり、禁足地帯になっている。
又、足利尊氏公以下、足利歴代将軍の分骨も収められている。

戻る

 

南大門

南大門<県指定重要文化財>

多田院のもとの仁王門であり、両脇に仁王像があった。
明治4年神仏分離の折、仁王像は満願寺山門に移転され、安置されている

戻る

 

東門

higashimon_n

東門<県指定重要文化財>

徳川四代将軍家綱公による再興にて造営され、
全体的に木柄が太く、主柱の架構が鳥居様式であり、
控え柱上の屋根妻が正面に見えているのは、高麗門としては珍しい扱いである。
江戸時代の遺構としては重要な建築物とされている

戻る

 

西門

nishimon_n

西門<県指定重要文化財>

徳川四代将軍家綱公による再興にて造営され、
全体的に木柄が太く、主柱の架構が鳥居様式であり、
控え柱上の屋根妻が正面に見えているのは、高麗門としては珍しい扱いである。
江戸時代の遺構としては重要な建築物とされている。

戻る

 

神馬舎

sinbasya

神馬舎

東京都の後藤光行、綿引司郎両氏より、昭和42年より
一年六ヶ月の歳月を費やして作成された神馬が納められており、
屋舎は元内務省神社局松本芳夫氏の設計・監理のもと建てられた。

戻る

 

宝物殿

houmotsuden_n

宝物殿

昭和4年に立て替えられたもので
源家の宝刀、鬼切丸をはじめ昔をしのぶ甲冑、刀剣、書画、古文書(重文)等を
数千点所蔵しております。
詳細はこちら

戻る

 

六所宮

rokusyugu_n

rokusyugu_n2

六所宮<県指定重要文化財>

伊勢、賀茂、稲荷、春日、住吉、熊野の神々を祀っています。
旧多田院の鎮守社として、また多田荘72ケ村の総社として鎌倉期に創建された神社です。
現在の社殿は室町後期に再建された三間社造りで
建築様式、組物、蓑束、懸魚等の細部手法は非常に貴重であります。

戻る

 

厳島神社

itukusima_n

厳島神社<県指定重要文化財>

市杵嶋姫命を祀っています。
旧多田院では、「弁財天女」とも呼ばれ古くより厚い信仰を集めています。
一間社造りの社殿は室町後期に再建されたものです。

戻る

 

田尻稲荷神社

inari_n1

 

P7061130

田尻稲荷神社

旧多田荘の田尻より移築され、社殿は、一間社流造で全面に彩色が施してあります。

戻る

 

政所殿

mandokoro

政所殿

境内東側の政所跡地に御祭神の御神徳を仰ぎ、文武両道による心身修練の場として、昭和61年に竣工した儀式殿兼武道館である。
建築面積660m2、外部は漆喰真壁造、本瓦葺。内部は桧・杉・欅材を用いた木造仕上げである。

無双直伝英信流居合兵法(日曜日  9:30~11:30)
大日本正義流剣舞術  (火曜日 13:00~15:00)
日本空手道 清和源武館(土曜日 13:00~16:00)

の稽古を行っておりますので、参加御希望の方は社務所まで御連絡ください。

戻る

 

鬼首洗池

onikubi_n

鬼首洗池

御祭神源頼光公が大江山の鬼退治をした際、この池で鬼の首領、酒呑童子の首を洗ったと伝えられている。
夏には、日本固有種で地域によっては天然記念物にも指定されてる『モリアオガエル(森青蛙)』の産卵がみられる。

戻る

 

招霊木(おがたまのき)

ogatama2

招霊木(おがたまのき)<県指定郷土記念物>

神社にとって由縁ある樹木で榊同様に考えられています。
霊(たましい)を迎えるのでオギタマ(招霊)から転じたといわれ、
その実の形より、巫女が神楽などで使う鈴をかたどったといわれています。

ogatama3

戻る

 

唐椿(キャプテンロー)

tubaki1

唐椿(キャプテンロー)

寛文年間旧多田院の檀家薩摩藩主島津家より贈られた椿です。
中国雲南地方より南の亜熱帯地方を原産とし、
四月中旬頃に大きな花をつけます。

tubaki2

戻る

 

無患子(ムクロジ)

mukuroji2

無患子(ムクロジ)<県指定郷土記念物>

本州、四国、九州に分布するムクロジ科の落葉高木です。
丸くて黒い実は羽子突きの羽子の球として用いられる。
樹齢は定かではなく、一説には1000年ともいわれています。

mukuroji3

戻る

PAGETOP
Copyright © 多田神社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.